Kmalog

熊本に配属になった新社会人のドタバタ日記。 熊本をいろんな人に知ってもらうためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男子バスケ・石崎、島根入団へ 日本代表が初のbj所属に

<男子バスケ>石崎、島根入団へ 日本代表が初のbj所属に

バスケットボール男子プロのbjリーグは30日、日本代表の石崎巧(26)が島根への入団に合意したと発表した。現役の日本代表選手がbjに所属する初の 事例となる。
石崎は司令塔役のポイントガードで、昨年に代表入り。今春に日本リーグの東芝を退社してドイツリーグに挑戦したが、所属先が決まらなかった。そのため bjリーグが受け入れに応じ、入団チームを決める入札を実施。10月開幕の今季から新規参入する島根が最高の契約金(非公表)を提示して落札した。


たぶんバスケに興味ない人には全然わからない話だと思いますが、結構大きなニュースだと思います。
bjリーグから初めて日本代表が出るということで、JBLとbjリーグの融合が加速してほしいです。

JBLとbjリーグの歴史

日本にはJBLとbjリーグ、2つのバスケリーグがあります。
この2つのリーグは非常に仲が悪いのです。
ざっくり歴史を説明すると以下のような感じです。

歴史が古いのはJBLで、ここは元々社会人バスケのリーグでした。
「日本のバスケをもっと強くするためにはプロ化が必要だ!」
と謳われていたのですが、JBLは遅々としてプロ化を進めません。
それに業を煮やして設立されたのがbjリーグです。

JBLは「あいつらは俺たちに断りもなく、勝手にリーグ立ち上げてプロなんて名乗ってなんなんだ!」と怒ります。
で、bjリーグにやられっぱなしも悔しいので、bjリーグの設立後すぐにJBLもプロ化します。
ここで日本には2つのプロリーグができることになります。

で、バスケの実力はどっちが上なのか?というと、日本人選手だけでいうならJBLの方が全体的に上だと思います。
大学時代に活躍していた選手はだいたいJBLに入ります。
bjリーグに行くのは、JBLに入れなかった人、JBLに入ったが出番がなかった人、という状況でした。

これは、年俸と待遇に大きな開きがあったからです。
JBLは、実質年俸で数千万円もらっている選手もいるという話です。
さらに、昔から存在している団体ということでJBLからのみ日本代表が選ばれるようになっていました。

それに対し、bjリーグはチーム全体でサラリーキャップが7600万円と決まっています。
選手15人抱えているとしたら、一人年俸500万円程度しかもらえません。
優秀な選手に年俸1500万円払おうと思ったら、他で年俸300万円という選手も出てきます。
こうなるとどうしても選手一人一人の年俸は全体的に低くなってしまいます。

給料も低くて、がんばっても日本代表に選ばれないなら、bjリーグに入る理由がないですよね。
JBLに選手が集まるのは至極当然でした。

しかし、bjリーグは地域密着を合言葉に地道に活動を続け、地元のファンを獲得していきました。
それとは対照的にJBLは昔からの企業バスケの体質が抜けきれずファン獲得に苦労していました。
そして、だんだんとJBL→bjリーグに移籍する選手も増えてきました。
bjリーグの地位が徐々に上昇してきたのです。

そのような状況下、両リーグはお互い歩み寄り、JBLとbjリーグが2013年に統合することになり、bjリーグの選手も日本代表入りが可能になりました。
実情はどちらかというとJBLがbjリーグに歩み寄ったんだと思います。

同じ日本国内でケンカのようなことをしてアホらしいのですが、やっと両リーグが歩み寄ってバスケリーグが1つになろうとしているのです。

石崎選手のbjリーグ参加で更に歩み寄りは進む

そんな中で元JBLの東芝に所属していた石崎選手が、bjリーグの島根に行くことになりました。
石崎選手は中学・高校・大学とずっとトッププレイヤーで、日本代表でも活躍をしています。
※彼の独特なリズムのプレーが個人的にはお気に入りです。


・JBLのトッププレイヤーであった選手がbjリーグに行くこと
・現役日本代表選手がbjリーグに入ったこと
これはJBLでプレイする他の日本代表選手にも刺激になったのではないでしょうか。
この流れに続いて、他のJBL選手がbjリーグに入ってきたり、bjリーグで活躍している選手が日本代表に選ばれたりすると、両リーグの人の流れは更に加速するのではないかと思ってます。

上記に書いた通り、両リーグは根本的には仲が悪いので、ほっておくとずるずるリーグ統合が遅れていく可能性もあります。
しかし、選手間の交流が始まって実質的に両リーグを統合せざるを得ない状況になってしまえば、頭の固いオッサン達がケンカをしてようが統合は進むようになるでしょう。

石崎選手のbjリーグ入りは日本プロバスケの発展を加速させる、そんな希望が見出せるすごくワクワクするニュースなのです。
島根はいい選手を手に入れましたね。うまくマーケティングして、チームを盛り上げてくれることを祈ります。
今年のプロバスケの楽しみが増えました。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 02:09:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryism.blog6.fc2.com/tb.php/112-2842eb6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。