Kmalog

熊本に配属になった新社会人のドタバタ日記。 熊本をいろんな人に知ってもらうためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブラジルW杯で盛り上がる産業ってなんだろう。

最近、仲のいい友人がブラジル移住を計画しています。
せっかくブラジルに行くのなら、ブラジルは2014年にW杯、2016年に五輪が開かれるから、周辺産業でビジネスした方がいいじゃないか?と盛り上がりました。
そこで、どのような産業がありそうか南アフリカW杯の実績を見て調べてみようかと思います。

W杯開催に向けて盛り上がる産業は?


南アフリカW杯について南アフリカ財務省が以下のように発表しています。
W杯:「巨額投資、良好なリターン生んでいる」南アフリカ大統領がコメント

「インフラや投資、観光の効果が拡大しつづけており、今年の南アフリカのGDPに対するワールドカップの貢献度は 0.4%に達するだろう」「ワールドカップが今年の南アフリカ経済に380億ランド(約50億米ドル)の成長をもたらすだろう」「我々は330億ランドをインフラや通信、スタジアム建設に投入したが、良好なリターン が得られている」


多額のお金が流れる産業としては、
・インフラ産業(道路とか電車とか電気とかガスとか水とか)
・通信産業(電話とかインターネットとか)
・運輸産業(インフラ産業にひもづいて)
・建設産業(サッカースタジアム建設とか観光客向けホテル建設とか)
この辺りが大きそうですね。
他は何があるんでしょう。準備期間はそんなもんですかねー。

日本への波及効果としては、その国の名産品が広まりますね。
南アフリカW杯の前には南アフリカワインが日本で流通しました。
W杯の前年に比べ売上が4倍になったところもあったようです。

ブラジルの名産というと、コーヒー豆、フルーツ全般、宝石などらしいです。
その中でもコーヒー豆は世界で第一位の生産量です。これは日本でもW杯に便乗して露出が増えそうですね。
あまり知られていないですが、アクアマリン、エメラルド、トパーズ、アメジスト、トルマリンなどの宝石の80%はブラジルで生産されているそうです。
でも、南アフリカもダイヤモンドの産地ですが、W杯期に売上が伸びたという話もきかないので影響なさそうですね。

そんなところでしょうか。
W杯が始まってしまえば、ホテルやタクシー、グッズ販売など観光業も一気に盛り上がりますね。
ブラジルには南アフリカのブブゼラ的なものがあるんでしょうか。
独特な応援グッズがあれば、iPhoneアプリでもまた流行る可能性大です。

祭りの後には、一時的に経済停滞することも裏で起こってますが・・・。
W杯-経済効果 リバウンド

まあ、まだまだ先の話ですけどね^^;
他にこんなのもあるんじゃない、というのがあれば是非教えてください~。
友人が喜ぶと思います。では。


 
スポンサーサイト
  1. 2010/09/13(月) 05:07:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryism.blog6.fc2.com/tb.php/114-5804de42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。