Kmalog

熊本に配属になった新社会人のドタバタ日記。 熊本をいろんな人に知ってもらうためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

打ち上げ花火のお値段は?

花火を見に行ってきました。

本日、神奈川新聞花火大会に行ってきました。

IMG_0609
IMG_6807(2)
みなとみらい方面は大混雑だったようですが、
穴場スポットに行ったおかげで、ほとんど混雑なしに特等席で見ることができました。
いやあ、いい日でした。

さて、花火大会に行く度に、いつも同じことを考えます。
「あの花火、一発打ち上げるのにいくらかかるんやろ。」
考えたことありませんか?
ってことで、気になったので調べてみました。


打ち上げ花火のお値段は?

Google先生で調べてみたところ、
花火の値段は日本煙火協会が決めており、大きさで値段が変わるそうです。
夏の夜を彩る花火大会、花火のお値段・・・いったいいくら? WomanExcite

花火の値段は以下の通り。

3号玉=3400円

4号玉=6000円

5号玉=1万円

6号玉=16,000円

7号玉=24,000円

8号玉=38,000円

10号玉=6万円(1尺玉)

20号玉=60万円(2尺玉)

民間の企業が値段を決めている訳ではないの?というのが疑問でしたが、
個人向けに販売している会社もあるようなので、
イベントの打ち上げ花火に限っての話なのでしょうかね。


今回見に行った神奈川新聞花火大会は、一番大きい花火が二尺玉でした。
上に貼ってある写真が多分8号玉~1尺玉ぐらいの大きさです。
これで1発4~6万円ってとこですね。

全部で8,000発打ち上げられていますが、
ボリュームゾーンは3号~5号玉だと思われるので、
平均単価を仮に6,000円とすると、4,800万円ぐらいのコストなのかな?

民間企業が主催のイベントと考えると、結構でかいですね。


花火大会の経済効果は?

今回の神奈川新聞花火大会の観客数は31万人だったらしいです。
すごくざっくりで申し訳ないですが、
花火大会で1人が使った金額が2,000円(交通費含)とすると、
2,000円 × 31万人 = 6億2,000万円 となります。

花火が開催されている横浜市西区の区づくり予算額が6億円程度らしいので、
かなり大きな経済効果があると考えてよさそうです。

※ちゃんと調べると、経済効果の算出方法って難しいですね。。

とはいえ、一企業が主催で実施するのは大変でしょうね。
自分の企業に返ってくる訳ではないですし。
とか考えていたら、それを払拭するための仕組みに取り組んでいるようです。


個人協賛と新しい花火大会の形

神奈川新聞花火大会では、
個人協賛(6,000円)すると、並んだり混雑することなく、
協賛席に座って花火を鑑賞することができるらしいです。
協賛席が5,000席あるとすると、
6,000円 × 5,000席 = 3,000万円 の売上ですね。
これは大きな収入源です。

花火だけではなく、花火+αの価値を提供して、
客単価を上げて、席数ももうちょっと用意すれば、
儲かるビジネスになるのじゃないかな?

高額支払った人は、花火をデザインできるとか、
席がパイプ椅子ではなくて座り心地がいい椅子になるとか、
飲み放題プランを追加でつけるとか。


規制が多く準備コストがかかったり、季節変動が激しすぎたりするので、
安定的な収入を得るのは難しいかもしれないけど、
赤字を出さずに運営していくのは可能ではないかと思いました。

地元の住民は毎年楽しみにしておりますし、
一生に残る思い出ができることもあります。
最終的にはプライスレスということで、今後も運営をがんばってほしいです。

来年も見に行きたいと思います。

よろしければ1クリックお願い致します。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/02(月) 10:31:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryism.blog6.fc2.com/tb.php/91-1aa26238
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。