Kmalog

熊本に配属になった新社会人のドタバタ日記。 熊本をいろんな人に知ってもらうためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

GMの再上場から考える。日本とアメリカの違い。

GM再上場:瓦礫の中からの復活

2009年6月1日、ゼネラル・モーターズ(GM)は連邦破産法第11条(チャプター11)の適用申請を行い、製造業では米国史上最大となる破産劇を巻き起こした。そして先 日、同社は年内の新規株式公開(IPO)に向け、米証券取引委員会(SEC)に書類を提出した。
GMは8月12日に、今年4~6月期の純利益が13億ドルに達したことを明らかにした。四半期決算としては2期連続の黒字で、2004年以来の最高益だ。(記事から抜粋)

昨年のこの時期には、GMの破産が大きく取り上げられていましたが、気づけば過去最高益を出して再上場申請。
ポテンシャルはそもそも持っていたのでしょうが、これだけのV時回復は普通にやっていたら無理なはず。
たくさんの血を流して、リストラしたのでしょう。

JALはもう一度、倒産する

それに比べて、日本の翼はいつになったら変わるんでしょうか。

利益を出していない企業が国に守られ続け、かつ市場を荒らしていくのはたまったものじゃありませんよね。
更生計画がやっとまとまったようですが、GMと比べるとスピード感が違いすぎるなと思ってしまいます。

今のままではGMのようなV字回復には程遠いなぁという印象です。


再チャレンジできる社会


今回、GMの再上場で思い出したのがシリコンバレーの話。
シリコンバレーでは失敗に対してすごく寛容的であるといった話を聞いたことがあります。

日本では、起業に際して銀行から融資を受けますが、これは借金なので返す必要があります。
そして、融資を返せず破産してしまった企業や事業は「もうダメだ」というレッテルを張られ、再浮上しづらい文化があるような気がします。
破産をすると、家族離散や借金取りに追われるといったネガティブなイメージがありますよね。

それに比べて、シリコンバレーではエンジェルが出資してくれるため、失敗しても基本的に返す必要がありません。
まあ、融資の方がプレッシャーがかかってモチベーションが上がるということもありそうなのでどちらがいいとは一概に言えませんが、失敗を許容する文化があることは確かです。

そして、シリコンバレーでは失敗した人に対して、更なる出資をされることがよくあるそうです。
それは、失敗した経験を基にしてビジネスをブラッシュアップしていくことができるだろうからと考えられるためだそうです。

銀行から融資をもらって起業、という流れがメインの日本ではこの発想にはなかなか辿り着けないのではないでしょうか。
銀行も企業ですし、リスクを考えると融資しづらくなりますよね。
大けがした経験がある人が、生命保険料が高いのと一緒です。

失敗に対する捉え方という点で、違いがあるのはおもしろいですね。
日本型は堅実経営を促していく上ではいいかもしれないですが、Twitterやfacebookなどの斬新なサービスを創出するには、アメリカ型のような考え方が必要だと思います。
アメリカ型を日本に持ち込むというのであれば、価値感の変化と、投資家の増加がポイントなんですかね。

失敗を恐れずチャレンジするという姿勢を応援できる仕組みがあるといいですね。

↓失敗から学ぶという観点で読んでみるとおもしろいかもしれません。
  1. 2010/08/29(日) 02:16:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

副業いろいろあるんですね。

リーマンショック以降、副業や週末起業みたいな話をよく聞きますね。
で、最近おもろいなーと思ったサービスをいくつかご紹介。
以前からあるようですが、意外に知らないものですね。


趣味・特技を活かして稼げる!

モーニングコールでお金を稼ぐ
いろいろあるんですが、朝起きれない人のために毎朝電話をかけてくれるというサービス。
この電話を1件かけると、100円程度の収入が得られるそうな。
早起きが得意でマメな人に向いてそう。
特におもろいなーとおもったのが
Awesomeness Reminderというサービス。
電話口で「あなた、すごいよ!」と言い放つだけのサービスとか。一回使ってみたいなw


写真素材提供でお金を稼ぐ

PIXTAのような、趣味で撮った写真を自分で値付けして売れるサービス。
写真素材を手っ取り早く手に入れたいという制作会社が買うようです。
前から存在は知ってたんですが、結構な登録者数いますね。
デジカメ、デジイチ、コンデジの流行に伴って、登録者も増えているんでしょう。


記事提供でお金を稼ぐ
nanapiワークスという、記事を提供するとお金がもらえるサービス。
与えられたテーマの記事を書くだけで、200円~500円相当のポイントがもらえるそうです。
記事はコンテンツとして企業のキャンペーンページ、タイアップページなどに使われるそう。
AIGエジソン生命のキャンペーンページもそうですね。
お抱えのライターでは書けないような良質な記事を、大量に作れる仕組みというのはおもしろいなーと思います。


ということで。

いかがでしたでしょうか。
モーニングコールのサービスなんかは、副業でやらずとも自分で知り合いの主婦を雇ってビジネス立ち上げた方が儲かるんじゃないかという気もしますが...。
ニッチでおもしろいサービスって探すとたくさんありそうですね。
なにか気になったサービスがあれば、実際にやってみるとどうでしょうか。


  1. 2010/08/26(木) 01:34:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジンベエザメが見れる水族館はどこ?

夏休みをいただいていました。
石川県ののとじま水族館へジンベエザメを見に行ってきました。


IMG_6807(2)

ジンベエザメは圧倒的な大きさで、すごい迫力でした!
昔、沖縄でも見たことがありましたが、やっぱりすごかった。

水族館で見れるジンベエザメは5~8mで十分大きいのですが、自然界では20m以上のものもいるらしいです。
20mもあったら、背中の上でバスケットボールができちゃいますね。。
これは見に来る価値があるなぁと思いました。


ジンベエザメが見れる水族館は?


ジンベエザメが見れる水族館というのは、実は多くないのです。
日本では、以下の3水族館のみです。

沖縄 美ら海水族館 ※体長8mのジンベエザメ、他2頭
大阪 海遊館 ※体長5m弱のジンベエザメ2頭
石川 のとじま水族館 ※体長5m弱のジンベエザメ1頭

鹿児島 いおワールドかごしま水族館でも見れるという話しがありますが、体長5.5mまで成長したら海に返すらしく今いるか不明です。しかし、HPが貧弱すぎるかと。。

ジンベエザメの大きさに耐えられるような水槽を作るのは、本当に大変なようです。
厚さ50cmはあるようなアクリル板でないと、水圧に耐えられません。
しかも、体長5mもある魚が自由に泳げるようにしなければいけませんからねぇ。途方もないです。
のとじま水族館は、ジンベエザメを迎え入れるために、20億円かけて水槽を建設したそうです。

ですが、これだけのコストをかけてでも準備する価値はあるんではないかなと思いました。
見ただけで感動しますし、日本でまだ見れる場所が限られているという稀少価値もありますしね。

のとじま水族館は、ジンベエザメ効果で来場者数10万人増を狙っているらしいです。
入場料+お土産代などの客平均単価が3,500円ぐらいとすると、年間で3億5000万円の売上増。
ランニングコストを無視すると、6~7年で元がとれるんですかね。
追記:ランニングコストも餌代・水槽メンテナンス代考えると結構かかりそうです。ビジネスとしては厳しいかも。
あとはどのように認知させていくかですね。
とりあえずツイッターとかやればいいのになぁ。

気になるのは、ジンベエザメは大きくなり過ぎると水槽で飼うのに限界を迎えるとのこと。
いおワールド鹿児島水族館は、それを理由に体長5.5mになったら海に返すそうです。
のとじま水族館の水槽の大きさは、いおワールドと同等ということですので、飼えるのは5.5m程度が限界なんでしょう。
順調に成長すると、1年ぐらいで海に返さなければならないという事態も起こりうるのではないでしょうか。。
そうなったら水槽建設費だけ無駄になってしまう気が・・・。

ビジネスとして利益を考えたら、設備投資が必要ない大きさの珍しい生物を連れてきたり、旭山動物園のように見せ方を工夫する方が良さそうです。
うーん、生き物をコンテンツにして商売するって大変ですね。

とりあえずジンベエザメを見たことがない人は、一生に一度は見る価値ありですので、行ってみてください~。


  1. 2010/08/26(木) 00:28:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マクドナルドのモバイルサイト価値は価値は約137億円?

モバイルサイト価値1位は日本マクドナルドで約137億円、2位は日本コカ・コーラ、3位はパナソニック

日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、日本の有力企業の210社のモバイルサイト(携帯端末向けサイト)の価値を調査した。
1位は日本マクドナルドで137億円であった。2位は日本コカ・コーラで66億円、以下、パナソニックが48億円、ケンタッキーフライドチキンが41億 円、モスバーガーが40億円となった。


なんだかよくわからない調査結果がY!ニュースに出ていたので、ちょっとだけ調べてみました。

モバイルサイト価値とは?


ここでいうモバイルサイト価値の定義からまず確認したいと思います。
日本ブランド価値戦略研究所のモバイルサイト価値の算出から抜粋

モバイルサイト価値
モバイルサイトの事業貢献度を金額として算出したもの。

モバイルサイト価値=閲覧価値 × 行動価値

閲覧価値

モバイルサイト価値のうち消費者のサイト閲覧に基づくもので、「アクセス経験」の調査結果を参考にした。

閲覧価値=各サイトの推定閲覧ページ数 × インプレッション単価

行動価値

モバイルサイト価値のうちサイト閲覧以外の行動に基づくもので、「サイト上の行動」の調査結果を参考にした。

行動価値=各行動を行った推定人数 × 各行動単価


ということだそうです。
ちょっとわかりにくいですが、
閲覧価値=広告価値のあるページがどれだけ見られたか?
行動価値=モバイルサイトを見て、いくら実際に買い物に結びついたか?
といったようなことのようです。

マクドナルドのモバイルサイトについて考えてみる。


この定義に沿って見ていきますと、
マクドナルドが1位をとっていることはなんとなく納得できます。

マクドナルドのモバイルサイトは、現在1,600万人以上の会員がいるそうです。
携帯ユーザーの4~5人に1人は使っているような計算になるのではないでしょうか。
それだけ多数の会員にリーチしているということですので、閲覧価値は高そうです。

さらに、マクドナルドではこの会員向けにクーポンを配信しており、実際の来店・購入のきっかけとすることにも成功しています。
クーポン利用で1回あたり平均単価300円ぐらいの購買をしてくれると考えると、行動価値もかなり高いものになりそうです。
ということで、閲覧価値・行動価値の両方から考えて、モバイルサイト価値は高いものになるでしょう。

2位のコカ・コーラは、コカ・コーラパークが効いているようです。
コカ・コーラパークは会員数が800万会員以上いるようで、マクドナルドの約半分です。
よく見ると、モバイルサイト価値もマクドナルドの半分ぐらいです。

いまいちよくわからないのが、3位のパナソニックなんですよねぇ。
特に会員サイトとし力を入れて運営しているわけでもなく、モバイルサイトに強烈な付加価値があるわけでもないので、行動価値が高いイメージがしません。
平均の行動単価が高いから高くなっているのかな?わかりません。。

モバイルサイトの価値はクーポン・プレゼント?

結果を総じて見ると、日常生活で頻度高くチェックするサイトで、クーポンやプレゼントキャンペーン等をしているファーストフード、飲料メーカーが上位に多いですね。

日常生活で接点の多い商材は、モバイルサイトへの集客がしやすいこともポイントですね。
店頭にQRコードを置いたり、飲料品のパッケージにサイトの紹介をしたり、よいサービスがあれば実際の商品を通して口コミが起こったりします。

上位モバイルサイトを見る限り、カスタマーを動かす仕掛けとしてはクーポン・プレゼントが主流となっているようです。
ソーシャルメディアが育っていく中で、ここは何か他の仕掛けが生まれてこないのかなと思ったり。何があるでしょうか。

ということで、日本ブランド戦略研究所はそのあたりの考察もまとめて頂けると有益な情報になるのになと思いました。


  1. 2010/08/19(木) 01:49:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google キーワードツールで、人気のある県を調べてみた。

毎日、暑い日が続きますね。
甲子園では高校球児が全国一を目指してがんばっています。
その姿を見て、ふと
「一番人気のある県ってどこなんだろうなー」
と思ったので、戯れにGoogle キーワードツールで調べてみました。

Googleキーワードツールとは無料で使えるツールで、
調べたいキーワードが、月間でどれだけ検索されているかを調べられる優れもののツールです。
今回は、全国の都道府県の名前がどれだけ検索されているかを調べて、一番検索されていたところが優勝とします。


栄冠を手にしたのは?

さて、実際に調べてみました。
気になる結果は以下の通りです。拡大して見てみてください。
(が、画像が荒くてすいません・・。載せ方がわからない。。)

県別検索回数

ベスト3を挙げると、
1位 北海道
2位 京都 沖縄 東京
となりました。

順当と言えば順当ですが、沖縄がもっと人気があるかと思いましたが、みなさん北海道好きなんですね。
あと、日本人はやっぱり京都が好きなんだなと。

ちなみに、ワーストを挙げると、
香川 島根 佐賀 愛知 岩手 愛媛 滋賀
となりました。

ここで意外なのは、やはり「愛知」ですね。
名古屋のイメージが強すぎて、愛知の認知度って低いのかもしれませんね。
旅行するときも「名古屋」と検索して探すんでしょう。

愛知と同じように、神奈川もかなり検索回数少ないので、
きっと「横浜」と検索されているんでしょうね。
また、私の実家の石川も少ないのですが「金沢」だともうちょっと増えるかもしれません。※でも、そうでもないか。。
県名よりも都市名の方が有名なところは、結果にブレがありそうです。

今度機会があれば、都市名で調べてみようかと思います。
ということで、北海道のみなさんおめでとうございました!

  1. 2010/08/18(水) 16:45:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。